サラリーマン 転職

会社に安定を求めるほど、人生は不安定になる話し【真の安心を得る方法】

下落

世間的には割と安定していると言われている会社で働いていますが、将来に漠然とした不安を感じています。このままでいいのかな?

昭和から平成までは、終身雇用制が機能していたので、定年まで逃げ切り作戦で良かったのですが、今後は変化が激しくなる一方ですから、会社に安定を求めるのは非常にハイリスクな考え方になりますね。真の安定、安心を得るための考え方を解説しますね。

くりさん

 

保護を受けたことで安定していた会社、業界は衰退する、という事実を直視しましょう(栄華盛衰です)

questions

バフェット氏が5大商社の株式を購入!

世界一の投資家、ウォーレン バフェット氏が5大商社の株式、約5%を1年かけて購入していた、とのニュースが話題になりました。

このように、今、ポジティブに捉えられている総合商社ですが、僕が子供の頃(30年前~40年前あたり)は、

商社、冬の時代

とか

商社、不要論

と言われていたのです。

このニュースを見て思い浮かんだのが、商社と比較されることの多い、銀行です。

 

 

世界時価総額ランキング上位を占めていた邦銀の凋落

平成元年に世界ランクの上位だった邦銀が、全て圏外に落ちました。

(商社も入っていないじゃないか、との突っ込みが入りそうですが、元来、日本独特の形態である商社の株価水準は高くはないので、時価総額ランキングの上位には入っていません)

 

 

合併も何もなく、残っている邦銀はゼロ、ほとんど合併です。あとは長銀は消滅しました。

おそらく、今の20代の方々は、富士銀行や三和銀行がなんなのかもわからないかもしれませんね。

僕が大学の時(慶應義塾大商学部平成6年卒です)には、優秀な学生から、興銀、長銀、日債銀、三菱、富士、一勧、住友、みたいな感じで適当にランキング順に就活したものです。

 

商社と銀行を分けたものは、何か?

昔から、商社も銀行も就活ランキング上位の常連でしたから、入社時点での社員の優秀さ、能力の高さは変わりません。

大きな違いが何か?と言ったら、それは、

国の保護の元で事業してきたか、否か

これが、大きな違いです。

日本の銀行は常に大蔵省、金融庁の保護で守られて事業運営してきました。

その結果、日本国内だけならお山の大将(半澤直樹、の世界観ですね)だが、世界では通用しなくなりました。

邦銀の海外業務といっても、そのほとんどは、現地に進出している日系企業のサポート程度に留まっています。

一方、商社は、30年前は、卸売業に分類されていたように、製造業と小売業の橋渡し的、仲介業務がメインだと言われていたのが、次第に投資会社(事業会社や鉱山などの資源権益に投資し、運営する)にシフトして、生き残ってきました。

30年では大きな違いになるものだなあ、と僕自身、痛感しています。

 

でも、銀行は潰れていないんじゃないの?

確かに潰れてはいませんが、超低金利により預金者の利益を損ねたり、 高額なATM手数料を徴収するなど、つまりは、一般の国民の犠牲の上に成り立っているのが、邦銀です。

メガバンクのリテール支店で働いているオジサン行員の年収が1千万円以上、などというのは、僕が今住んでいるタイでは考えられません。

でも、さすがに、邦銀全体に、先行きの停滞感はモロに出ていますよね。

 

出身地 仙台で20年前に体験した、地元商店の保護政策が招いた自らの衰退

逃げる

強烈な地元保護政策と暗黙ルールがありました

大学を出て最初に就職した仙台本社の新聞社、河北新報社では広告営業をやっていたのですが、地方紙という事で、地元資本の味方、の立場で仕事をしていました。

大店法という、小規模小売店舗を保護する法律と、仙台の地元小売商の組合が、地元以外の業者を排除しつづけてきました。

出店の規制だけではなく、新聞広告では良いページは使わせない、といった、よそ者排除の様々なルールがあったものです。

よそ者排除ルールが自滅を招きました

排除され続けた側の地元以外の商店はどうしたか?というと、規制が及ばない郊外ロードサイドに進出した結果、消費者行動が変わり、中心部商店街の地位が低下しました。

その後、地元商店の多くが廃業して、大家業に転向したのです。

 

僕自身の転職のきっかけは、この風景を見たことです

まさに、おごれる者は久しからず、諸行無常ですね。

勤めていた会社は、ほぼ独占企業みたいな状態だったのですが、当時の恵まれた環境に甘えたままの自分に強烈な不安を感じて、ITベンチャーに転職したのです。

それから、20年経ちました。

 

保護されている会社、業界の社員ほど、将来のリスクは高いものです

future

逃げ切りが出来ればよいのですが、、、

会社という城の石垣を積んでいく事で、社外の荒波から逃げ切れて定年まで迎えられるなら、それで良し、なんですが、それが確実でない場合、社外でも通用するスキルがないと、これからは怖すぎる時代です。

 

保護業種、規制業種では、頭が凝り固まった人が多すぎます

守られる、保護されることに慣れきった業界、会社では、新しい、面白い発想が出てこないものです。

かつては面白かった人も、次第に覇気をうしない、現状維持に明け暮れ、つまらなくなります。

こういった所で10年とか20年、それ以上働いていて、突然、会社が破たんとかリストラされても、社外の(普通の)空気を吸ったことない人にとっては、もう、どうにもならないのです。

 

安定を今すぐ捨てる必要ないですが、備えておくのが、安心になります

考える

まずは健全な危機感を持ちましょう

別に、今すぐ、会社を辞めて独立など、苦しむ必要はありません。

逆に、それは無謀すぎます。

でも、この記事をここまで読んだあなたは、かなり健全な不安感を持っている方です。

その気持ちの種火を絶やさずに、維持して、すこしづつ行動していけば、得体のしれない不安感が消えていくものです。

 

具体的なアクションは?

長期的なスキルアップにつながる副業をはじめる

 

現在の市場価値を診断してもらいましょう(落胆する必要無しです)

今を知るのは、大事ですね。

おそらく、現在の給料より低く出てしましますが、くれぐれも落胆しないことです。

問題意識を持ったあなたは、非常に少数派で、必ず生き残れます。

無料で会員登録して市場価値をチェックできます

-サラリーマン, 転職
-, ,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5