ビジネス全般

【悲報】LIM社サイトの英語がメチャクチャで笑えないレベルな件【竹花貴騎氏炎上疑惑】

2020年11月15日

ネット民から次々とネタが出てくる竹花貴騎氏とLIM社、MUP界隈ですが、LIM社のWebサイトを眺めていましたら、あまりに低レベルな英語と、さらに日本語もおかしいので、記事にさせていただきました。

牛乳を飲みながらですと、鼻から拭いてしまうかも、ですので、要注意です。

飲み終えてから、読んでくださいね。

ただし、自称、ビジネススクールを営業しているのであれば、ちょっと、この英語はひどすぎて、笑えないですね。

 

(2020年11月16日補記)

僕ごときのブログ記事が影響したとは思いませんが、下記で指摘させていただいているページ、箇所のほとんどが削除されていることを確認させていただきました。

都合悪くなっちゃったんでしょうね、、、

 

(11月18日補記)

また、復活していますね。

修正はされてないのが凄いのですが、、、

もしかして、僕のブラウザーの不具合だったのか?

 

 

 

スペル間違いや、グダグダ英語に日本語も不自然なLIM社のWebサイト

 

 

フィリピンの正しいスペルは、PHILIPPINES なのですが、なぜか、PHLIPPINE 笑

僕自身、フィリピンに住んだ経験あるから、確かに、スペル間違いはしやすいのですが、大体は、Pを続ける部分が間違っているのですが、竹花さんの所は独創的な間違えポイントになっています。

 

あと、UNITEDSTATE はおそらく、アメリカの事なんでしょうが、普通、USA とか US、あるいは、正確に書くなら、

UNITED STATES OF AMERICA

ですね。

他の部分も同様ですが、複数形の表現が非常に弱い、というのも特徴で、中二の英語、という印象ですね。

STATESとは書けなくて、STATE になってたり、、、

 

いかにも、英語が苦手な日本人が作っちゃった感がある典型的なサイトになってます(涙)。

https://www.lim-fund.com/

 

 

この英文も、いかにも、英語が苦手な日本人が、日本語のアタマで伝えたいことを考えて、そのまま英語にしちゃった感が満載です。

 

We are tech venture capital based in Singapore.

(和訳)シンガポールを拠点とするベンチャーキャピタルです。

→まあ、一応英語ですが、ネイティブが作ったら、

venture capital firm とか、もう少し、良い表現がありますね。

 

we provide entrepreneurs technology and financial support for their rapid growth.

(和訳)弊社は、起業家技術?と成長のための金融支援を提供します。

→一応、和訳してみましたが、これも、いかにも日本人英語、といった印象です。

 

会社概要らしきページですが、銀行の表記が、これまた、いかにも、日本人の英語苦手な人が作りました、感が濃厚で、大変な苦労がうかがえますね。

【BANK】

MITSUBISHI UFJ

MIZUHO BANK
HSBC BANK
​DBS BANK
OCBC BANK

CREDIT SWISS BANK

https://www.lim-fund.com/legal

 

MITSUBISHI UFJ

→三菱UFJ (みつびし ゆーえふ じぇー)を、そのまま英語にしたようですが、正式名称は、

MUFG Bank

 

なんですよね。

 

略さずに書けば、

MITSUBISHI UFJ FINANCIAL GROUP

です。

 

取引銀行を紹介するなら、きちっと、正式名称で書くのが礼儀なんですがね、、、

 

あと、HSBC BANK というのも、香港なのか、シンガポールなのか、わかりません。

ちょっと、これはないですね、、、

 

HAVE A COFFE ,WE DO ALL FOR YOU

→この英語がまた、いかにも、日本人が英作文しました、と言うしかないですね。

文法的にもおかしいですし(ちょっと、キットカットのコピーみたいではありますが、笑)

もしかしたら、ブライアン アダムスのファンなのかも?とも思いましたが、、、

(I do it for you ですね)

コーヒーのスペリングも、COFFEE が正しいのに、間違ってるし、、、

まさに、中二英語だ〜

 

どうみても、日本語の文を苦労して英訳した感じでしょうが、ネイティブが読んでも意味不明でしょうね。

だって、下の詳細な業務内容になると、日本語で書かれているから、です。

 

 一括で丸投げ可能!

→まともなシステム系の会社で、この表現はしないですね。

それにしても、”丸投げ”って、、、笑

どちらかと言うと、大東建託とかレオパレスあたりの、

相続でお悩みの地主様各位

みたいな広告にマッチする文言に感じます。

 

 

 

加えて、詳細な業務内容が書かれておらず、これで、

うちに丸投げしてくれれば、安心だぜ!

と言われても、特に、ソフトバンクとか東芝みたいな大企業が発注するわけはありません。

(両社とも発注を否定、LIM社のWebサイトに導入事例として紹介されていたのですが、すでに削除されています)。

 

(2020年11月16日補記)

悲報ですが、僕が指摘したページ、消されちゃいました、、、

こんなん、なってます〜

竹花さんが、わたくしごときのブログなど見てくれてはいないでしょうから、法務担当の斎藤さんでもいいのですが、僕に連絡いただければ、今だけ特価、1時間38万円で、初級英語のコンサルをしますので、ぜひ、ご本社に招集してくださいね。

 

 

 

OTHER ではあんまりな、使われ方、、、

 

おそらく、競合他社と比較した優位性をアピールしているのでしょうが、

OTHER

は、あんまり、です 笑(この記事を書きつつ、ツボにはまって拭いてます 笑)。

 

COMPETITOR

ですよね。

あとは、

AdsRevenuer

という単語もスペルミスです。

 

AdsRevenue なら、広告収益、で通じますがね。

いずれにしても、シンガポールにいる英語ネイティブがこれを読んだとして、この会社に仕事を発注しようとは考えませんね。

あと、余談ですが、Revenuer→ 麻薬取締官、という意味ではありますが、Lim社ではいけない薬を扱っているのでしょうか? 笑

 

 

JUST 3 THINGS TO KNOW

→これも、いかにも日本人の直訳英語、ですね 笑

 

いよいよ、英語だけではなく、日本語もおかしくなってきましたね。

サイト作っていて、疲れてきちゃったのでしょうか 笑

 

 

おそらくは、自社の強みを語りたいのでしょうから、

 

OUR STRATEGIES(我々の戦略)

とか、

OUR ADVANTAGES(我々の強み、利点)

OUR STRENGTHS(我々の強み)

でしょうね。

 

あとは、このページでも、”丸投げ”が出てきますね 笑

 

”たった3つの特徴”という日本語自体もおかしいので、このページの担当者は日本語と英語の両方が苦手な人なのかもしれないですね。

 

このページも、日本語、英語ともおかしい 笑

深読みしますと、

この内容で怪しい、表現レベルが低過ぎる、と思わない客は、いいカモになる

という風にスクリーニング(選別)になっているのかもしれませんが、英語苦手な日本人でも、ある程度のビジネス経験ある人なら、この表現、いくらなんでもおかしいだろ、と思うはず、です。

いくらなんでも、3 MUST KNOW はないですよ 笑

 

マッキンゼー風に3つにまとめているのは良いのですが、内容が低レベル、という残念な状況です。

 

 

 

LIM社のWebサイトを見た結論

海外でのビジネス実態は見当たりませんね

少なくとも、シンガポール等で日本人以外の顧客を持って事業をやっているようには、全く思えません。

せいぜい、日本人がシンガポールや香港等で法人、銀行口座開設サポートをする位、ですが、この程度の英語力では、任せるのは心もとないです。(ついでに日本語もおかしい)。

ベンチャーキャピタルとも謳っていますが、とても、世界的に活動している金融関係者、投資銀行などが相手にするとも、全く思えません。

YouTubeでも竹花氏自身、貸借対照表(たいしゃく対照表)を、”ちんちゃく対照表”と言ってますからね(まだ消えてません)。

商業高校で習うことですが、ちょっと、この間違いは、あり得ないですね。

言い間違えでも、あり得ないです。

竹花貴騎氏は英語できないのか?

YouTubeで、英語を話すシーンを見たのですが、日常会話は出来ていましたね。

発音も日本人としては悪くないです。

ただし、映像から分かるのは、日常英会話レベル程度であり、難しいビジネス英会話、特に金融関係者との交渉など、難易度が高い英語コミュニケーションが出来るかどうかはわかりません。

おそらくは、会話は得意だけれども、読み書きは苦手、という系なのでは?

というのも、さきほど紹介したWebサイトのメチャクチャぶりですからね。

部下が作ったのでしょうが、あれを見て、恥ずかしいと感じないのであれば、読み書きレベルは相当低い、ということになります。

あとは、MBA(経営学修士)スクールとしても正直、恥ずかしいレベルです。

 

うさん臭さの判断基準になります

プライベートジェット?に乗っている動画では、英語ネイティブの人との会話形式で、竹花貴騎氏は英語でしゃべって、日本語字幕を付けていますが、ちょっと考えたら、これ自体、うさんくさいです。

わざわざ、外国人との会話をセッティングして、それに和訳の字幕付ける手間がかかる訳ですから。

要は、

海外でこうやって活躍しているオレ様に憧れる奴はMUPに入れ

ということなのでしょう。

 

単なる日常会話レベルですから、日本人以外の英語ネイティブが見て、すげー、なんて思いませんからね。

加えて、今回取り上げたWebサイト、です。

 

まとめ:ビジネススクールを自称する割には、レベルが低すぎ。話しになりません。

これだけ、ひどい低レベル英語を堂々をさらしちゃう、という時点で、相当やばい、とか、英語だけじゃなくて、学ぶこと自体も間違いだらけな内容がチェックされずに教えられる(ちんしゃく対照表、みたいに)と考えられるようになれば、うさん臭いなあ、と思い、ひっかからなくなります。

 

 

 

 

-ビジネス全般
-,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5