HSBC香港、海外銀行 資産運用

【体験談】セブン銀行ATMで海外銀行預金のカード引き出しする方法【手数料は?】

タイの銀行口座に預金があるのだけど、コロナでタイにいけず、塩漬け状態です。何か良い方法はないかな?

 

ネットバンキングで海外送金できない海外銀行の場合、日本の提携ATMで引き出すのが現実的ですね。私自身、トライしたので、その体験談をお伝えしますね。

くりさん

 

セブン銀行ATMでタイ、クルンシー銀行の預金を引き出してみた、手順を紹介

何といっても、セブン イレブンに行けば、ATMがあって、24時間営業、しかも、いままで、故障を見た事がないから、実に便利ですね。

故障中だらけのフィリピンに住んだことがある自分としては、日本は夢の世界です 笑

セブンには、海外銀行(今回はクルンシー銀行)のATMカードを持参すればいいです。

手順はこんな感じです。

 

ATMカードを挿入する

ここは何も問題ないと思います。

なお、時おり誤解があるのですが、別に、クルンシー銀行など海外の銀行とセブン銀行が直接、提携している訳ではありません。

ATMカード(キャッシュカード)に、VISA、とか、MASTER、PLUSといった表記がありますが、あれが、提携ネットワークとなっており、世界中で引き出しやデビット機能での買い物ができる訳、ですね。

 

セブン銀行ATM

 

言語を選ぶ⇒ENGLISH にする

あくまで外国人を対象としているからか、日本語、の選択肢は無いのですが、補完的な日本語表記はあります。

ただし、ちょっとわかりずらいかも、ですね。

 

PIN(暗証番号を入力する)

6桁の暗証番号を入力します。

 

 

 

取引方法を選択する

引き出し

か、

残高照会

しか選べません。

つまり、預け入れは出来ない、ということですね。

ちなみに、今回、残高照会だけもやってみましたが、手数料はかかりませんでした。

ポイントは、残高が日本円で表示されることですね。

 

 

口座種別を選ぶ

大部分の方が、SAVING 普通預金かと思いますが、中には、CHECKING 当座預金(小切手の口座)の場合もあるかも、ですね。

ご自身の口座種別をあらかじめ、確認しておきましょうね。

 

 

引き出し金額を入力(選択)する

今回、経験したのは、1万円単位でしか引き出しができない、という事でした。

あとは、母体銀行(今回は、タイ、クルンシー)の海外引き出し限度額を超える引き出しは出来ません(当然ですが)。

クルンシーの場合、以下の通りです。

1回あたりの引き出し限度額→ 2万バーツ(現時点の円換算では約7万円ですが、6万円が引き出せる上限になります。)

1日あたりの引き出し限度額→ 6万バーツ(現時点の円換算では、約21万円ですが、18万円が引き出せる上限になります。)

 

従いまして、もし、6万円を超えて引き出しをしたいならば、同じ操作を繰り返しやる必要があります。

 

金額を確認したら、CONFIRM にタッチ

 

以上で引き出しが完了です。

お疲れさま、でした。

 

手数料はどうなっている? ⇒現地為替レートに2%プラス、など、掛かってきます

タイ側でかかる手数料

以下、クルンシーのWEBサイトから引用ですが、

海外ATM利用手数料 100バーツ

為替レート×2%分の手数料

が掛かる、となっています。

 

日本側(セブン銀行)で掛かる手数料

1万円以下の場合 →110円

2万円以上の場合 →220円

これが残高から差し引かれます。

 

つまり、母国(タイ)と日本、両方で手数料が掛かっている、わけです。

ですから、コロナ前のように、タイに簡単に渡航できるならば、タイでまとめて引き出した方が有利なのですが、今は非常事態ですから、致し方ない、という判断も有りになりますね。

 

注意点:海外引き出し制限が掛かっている可能性

中には、引き出しが出来ません、カード発行元の銀行にお問い合わせください、といった表示が出るかもしれませんが、一番、可能性が高いのが、母国(今回ならばタイ)以外の海外引き出し制限が掛かっていること、ですね。

これはご自身で確認が必要になります。

まずは、Webサイトを見るのをおすすめします。

 

現金引き出し以外で、預金を消費する方法⇒デビット機能を使って、買い物に使う

ネットでも、実店舗でも、デビット機能を利用することも出来ますね。

ただし、この場合でも、為替レートに手数料が付加されている場合が殆どでしょうから、現金引き出しより有利、という事ではありません。

セブン銀行などに行くのが面倒、という方は、こっちがいいかも、ですね。

 

 

まとめ:100万円程度の預金なら、簡単に引き出せます。

1日の引き出し限度額があるので(クルンシーの場合、現時点のレートで18万円)、1千万円を越えるような金額の引き出しは大変ですが、100万円程度であれば、難しくないですね。

海外渡航が難しい状況はまだしばらく続きますから、お金を寝かしておくよりは、多少手数料は掛かっても日本で引き出したい、という方に、少しでも参考になれば嬉しいです!

 

 

-HSBC香港、海外銀行, 資産運用
-

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5