資産運用

HSBC香港ネットバンキングの英語を簡単に和訳する方法

2020年9月1日

hsbc

HSBC香港のネットバンキングを使う時、英語が分からないので、意味が分からず不便です。簡単に日本語に翻訳出来る方法はないのかな?

最近は、便利なアプリがどんどん出てきて、しかも無料で使えるようになりました。とても簡単で、この方法で、英語が大の苦手な人でも日本語で意味が理解できるようになりますよ。

加えて、HSBC香港の口座開設した人の多くは、他にも海外投資をされている場合が多いので、海外投資で出会う英語を和訳する他の方法も解説しますね。

くりさん

HSBC香港のネットバンキングの英語を簡単に翻訳するアプリ

got it

mouse directory で超簡単に、即座に日本語にしてくれます

これ、僕自身、HSBC香港以外でも、頻繁に使いますが、超便利なアプリ(Google Chrome の拡張機能)ですね。

 

HSBC香港の下記の画面で試してみましょう。

 

①何もしていない状態

 

②mouse directoryを起動させて、マウスを判らない単語の上に置いた(オンマウス)状態

integrated:統合された、という単語にオンマウスしました

 

 

③mouse directoryを起動させて、マウスを判らない単語の上に置いた(オンマウス)状態

comprehensive:包括的な、という単語にオンマウスしました。

判らない単語が即座に調べられて、とても便利ですね。

 

mouse directoryのインストール方法

 

①下記にアクセスする

②CHROME かFIREFOX(少数でしょうが)を選び、クリックして、インストール

 

これだけ、です。

Googleの拡張機能として、無料配布されているアプリです。

 

使用方法

①右上のボタン(拡張機能のボタンです)をクリック

⇒mouse dictionaryのボタンをクリック、すれば起動します。

 

②判らない単語(今回は、Borrowing)上にマウスを置く

⇒右側に白い枠が出てきて、日本語訳が表示されます。

 

一切、英単語の入力をすることなく、和訳が見れるので、実にかんたんです。

 

emailやウェブサイトの英文ごと和訳する簡単な方法

easy

さきほどの方法の場合、単語は十分に和訳できますが、長い文章になると厳しいので、僕自身、下記のサイトを使っています。

意外と知らない方が多いのですが、年々、精度が上がっていて、とんちんかんな和訳は少なくなっています。

 

google 翻訳

 

下記の画面の緑色の部分全体を和訳してみましょうね!

Foreign Exchange / Time Deposit New Fund Offers

Enjoy +1% p.a. bonus rate on top of prevailing rates by converting and placing time deposit with HKD30,000 (or equivalent) or above with New Funds. Up to 10.3% p.a. (applicable to designated currency)

Remark: The above interest rates are indicative as of 24 August 2020. They are not guaranteed and maybe subject to revision, as per prevailing market conditions

という英文ですが、これをまとめて、コピペします。

左側の「英語▼」の下に、そのままコピペすればいいです。

字数制限がありますので、長すぎる場合には、何回かに分けて、コピペしてください。

 

 

和訳を見ると、少しこなれてはいないですが、意味は間違っていません。

どんどん、精度が上がってきているので、僕自身、びっくりすることがある位です。

少し発展版になりますが、英語学習の際、少し難しい英語の文章にトライする時、この機能を使うと、とても便利ですよ。

 

紙の手紙の英語を和訳する方法は、まだトライ中です(ただし、PDFファイルごと翻訳する方法は使えます)

suggest

紙の契約書などを簡単にデータ化できればいいなあ、と思って、ちょっとトライしましたが、スキャン精度の面で、ちょっと厳しいですね、、、

(すでに、きれいに実現する方法はあるかも、ですが、すみません。僕は見付けていません。)

きれいなPDF化が出来れば、Google 翻訳で、ファイルごと翻訳も出来るのですが、PDFの鮮明度合いによって、きちんと翻訳できない場合があるので、自分の場合、この手間を考えたら、英語のまま読んでしまえ、という感じです。

①紙の文書をスマホでスキャンする(PDFになる)

②PDFファイルをGoogle 翻訳にかける

 

以上ですが、細かい流れを説明しましょう。

 

①Adobe Scan をスマホにインストールする

https://acrobat.adobe.com/jp/ja/mobile/scanner-app.html

 

②Adobe Scan  で翻訳したい文書をスキャンする

スマホアプリの指示に従ってください。

手が震えないように撮影するのがポイントです。

 

③スキャンできたら、PCにデータを移す

僕の場合は、Google ドライブに転送させていますが、各自、やりやすい方法でやってみてください。

グーグル ドライブとは

 

④Google翻訳にファイルごと翻訳する

ファイルごとのGoogle翻訳

こんな画面が出てきますから、「パソコンを参照」から、翻訳したいファイルをクリックするだけ、ですね。

紙の文書をきれいにスキャンして、というのが、僕の場合は不得手なんですが、このようなやり方もある、ということで参考になればと思います。

きれいなPDFからであれば、きれいに翻訳できるかも、ですが、それでも、テキストの方がいいことは確か、です。

 

まとめ:英語わからなくても、テクノロジーで解決しましょう⇒でも、英語わかった方が儲かりますよ。    英語 イズ マネー、です。

 

英文で届いた手紙も、タイトルだけは、Google翻訳して、何が書かれているのか程度は理解した方がいいので、ぜひ、やり方を覚えてくださいね。

あとは、苦労する必要はないので、負担にならない範囲で英語学習すると、拾える情報量がまるで違ってきます。

違う景色が見えてみますよ。

定期預金の期間限定、特別金利キャンペーン、とかの情報を拾えますからね!

 

英会話ならECC外語学院  まずはカウンセリング&無料体験レッスンへ!

 

スタディサプリEnglish ビジネス英会話

 

もうひとりで頑張らない。TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH

 

-資産運用
-,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5