タイ移住 バンコク移住 転売物販

将来、タイ移住を考えている人におすすめのタイ輸入物販【中長期戦略】

タイ

将来、タイに移住したいと思っているけど、個人でできるビジネスはないかなあ?

  ずばり、タイ製品の輸入販売がおすすめです。日本に居る間からじっくり準備すれば成功確率はとても高いですよ。

くりさん

 

タイ移住する人にタイ輸入物販をおすすめする理由

パタヤ

タイでの副業としても十分に実現可能

今まで、タイ、バンコクに移住したい、という方から沢山の相談を受けてきたのですが、移住前の僕自身もそうでしたが、

タイでは副業できない、というかタイで副業、という発想がない

これが殆どなんですね。

確かに、日本みたいに、飲食店やコンビニでアルバイト、という訳にはいきませんから、タイなど外国で副業、パラレルワークという発想にならないのは自然ですね。

タイで現地採用+タイ輸入

FXや仮想通貨、株式トレード+タイ輸入

といった副業、パラレルワークも十分可能です。

 

僕自身、経験して分かりましたが、日本のせどり、のように、作業量で勝負、的なビジネスではありません。

最低、段ボール単位で送るビジネスですからね。

ですから、タイ輸入物販に1日中時間を取られることはありません。

平日はFX、仮想通貨、株式トレードをして、週末だけ、タイ製品仕入れ、という風に、十分、副業、パラレルワークが成り立ちますね。

 

中国輸入ほど大規模セラーが進出していないニッチ分野だから

中国輸入⇒アマゾン販売、というのは大きな流れを作りましたが、これから未経験者が参入できない訳ではないですが、これまで見てきた感じでは、有望な商品ほど、結局は、大規模セラーが参入してきて、個人レベルでは苦戦の可能性が高いです。

一方、タイ輸入の場合には、マーケットが小さいニッチ分野なので、個人ビジネスにするには、ちょうど良い感じです。

イメージ的には、個人でやって、月あたり10万円から20万円くらいの利益を狙うのは、かなり固い線と感じています。

 

でも、個人で手掛けるには、十分な商品バリエーションがあります

タイ輸入で売れる商品例(ごく一部です)

  • 衣類(シャツ、パンツ、下着、古着、等)
  • サンダル、靴
  • 革製品(クロコダイルやスティングレー エイ革が有名)
  • アクセサリー(天然石やシルバー 925等)
  • バイク用品、パーツ
  • スタバやディーン アンド デル―カなどのタイ限定商品

タイで暮らしている僕自身の感覚では、もう、無数なほど、売れる商品はあります。

あとは、効率の良い売り方を試行錯誤しながら、僕自身、取り組んでいます。

 

まずは、日本で経験を積みましょう(中長期的視点で、じっくりやる)

アドバイス

まずは、日本国内で物販、転売経験するのがおすすめ、です

物販、転売経験ゼロで、いきなりタイ仕入れでも、ムリではないですが、挫折しないためにも、まずは国内からはじめるのが、おすすめです。

僕自身、今まで、数多くの挫折経験があるのですが、振り返って思うのは、

最初に気合い入れ過ぎたり、期待値上げ過ぎると、逆に挫折する

ことです。

ビールでも飲みながら、売れ筋商品をリサーチする位の、ゆるゆる加減の方が、長続きするものです。

ストイック過ぎはダメ、絶対、です! 笑

メルカリで自宅の不要品を売る⇒売れるよろこびを実感する!

例えば、本なら、バーコードを読み取るだけで出品できます。

売れた時のうれしい気持ち、そして、実際に入金された喜びを経験してから、タイ仕入れにトライするのがおすすめ、です。

僕自身、2012年の移住前にアマゾンで不要品を沢山売って、数十万円の売り上げになりましたが、今はメルカリが圧倒的に簡単なので、おすすめです。

https://www.mercari.com/jp/ 

 

日本に居る間に、3つのステップを経験しておく

以下の流れがおすすめ、です。

1)メルカリで不要品を売る

2)日本で仕入れして、メルカリ、ヤフオク、アマゾンで転売(アカウントを作っておく)

3)日本に居ながらタイ仕入れ、メルカリ、ヤフオク、アマゾンで転売

【タイ輸入】商品リサーチ方法と日本に居たまま仕入れる方法

 

やってはいけないこと⇒高額コンサルや塾に大金を支払う

短期で大きく稼ごうと考えて、高額コンサルや塾に30万円とか、それ以上のお金を払う事は不要です。

いまはネット上にほとんどのノウハウが落ちているので、高額コンサル費用を支払う必要はありませんし、僕自身、経験がありますが、どうしても、高額コンサル費用の元を取ろうとして、短期目線になり、期待値が上がり過ぎて結局、挫折するものです。

一方、これまで僕が紹介した方法なら、仕入代金以外はほとんどお金はかかりません。

3万円仕入れたけど、売れなかった、というのと、30万円のコンサル費用支払ったけど、売れない、では、全く気持ちが違ってくるものです。

 

タイ移住前に日本で準備しておくこと

出口

タイでは、日本での発送作業やカスタマーサポート対応(特に電話)が出来なくなりますから、パートナーを見つけておくことですね。

ご家族でもいいです。

特に、メルカリは海外在住者は利用できない規約になっています。

このあたりの事も、日本に居る間に、転売、物販の一通りの業務経験をしておく事により、移住前の時点で、日本側との役割分担、切り分けを明確化できるわけ、ですね。

 

他に海外移住前に準備することについては、下記の記事が参考になります。

【保存版】海外移住前に準備するもの、捨てるもの、10選【経験談】

 

具体的なアクション:まずはメルカリからはじめる

アマゾンで本格的に始めるのも、もちろんオッケーです。

でも、転売未経験でしたら、ハードル低いメルカリが何と言ってもおすすめ、です。

https://www.mercari.com/jp/

 

その上で、タイ移住を考えているということは、タイが好きで、旅行の機会があるでしょうから、その時、帰りの飛行機に載せられるだけ、目いっぱい、タイで買い付け、仕入れしてみることですね。

僕自身、実際に行動することで、初めて分かったことが沢山あります。

とにかく経験してみるのが一番です!

 

 

-タイ移住 バンコク移住, 転売物販
-,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5