タイ タイ転職 転職

【タイ移住】タイ転職市場の求職者像【10名のデータ公開】

2020年7月31日

キャリアアップ

タイの会社に転職を考えているが、果たして自分が採用されるのか、ざっくりとでもいいのでイメージをつかみたい。どのくらいのレベルが必要なのかなあ?

バンコクに移住してから通算7年住んでいて、現在、現地採用として働いている僕が、タイの日本人就職市場について解説しますね。求職者のプロフィールは必見ですよ!この記事を読めば、タイの会社に転職するために必要な事が明確にイメージできます。

くりさん

タイで転職する際、必要なスキル、能力など知りたい

スキル

タイ語、英語が必須な訳でもないし、未経験者から幅広く受け入れてくれる

入社前から流暢なタイ語は求められません

今まで良く受けた質問のひとつに、タイ語能力がありましたが、これはほとんど問題になりません。

 

タイで生活していると実感するのが、流暢な日本語を話せるタイ人の多さです。

日本からタイに現地採用で入社する会社の多くが日系企業になりますが、そこには多くの日本語を話せるタイ人社員がいます。

そのタイ人社員が通訳的な仕事は出来ますので、わざわざ、人件費が高い日本人社員に通訳的な業務は期待しないのです。

このような事情なのと、タイ人社員も大卒レベル以上ですと英語がかなりハイレベルですので、仕事では英語でやりとり、が多いです。

(現場ワ―カ―になるとタイ語オンリーですが)

 

 

未経験者でもチャンスがあるタイ転職市場

 

以下の記事で詳しく解説していますが、7万人ほどの日本人が住んでいるタイでは、日本人の求人が多くあります。

(就職活動中のタイ在住日本人も多少はいるでしょうが、無職状態で長期間滞在はできないので、極めて少数ですね)。

職務経験ないからといって、最初からあきらめるのはもったいないです。

 

 

ただし、出来るだけ、スキルが求められる仕事につくことが将来のために重要

代表的なものが、いわゆるコールセンター業務ですが、

経験、語学力、学歴など一切不問

という職種もありますが、給料は低いですし、こういった職場で仕事をしても、仕事を通じて身につけられるスキルは特にないので、将来を考えてもおすすめはできません。

 

運転免許試験のような、合格点が定められている訳ではない

 

この点は日本の転職市場と同じで、応募者の数、レベルとの兼ね合いで採用は決まります。

したがって、どのような人が応募しているのかを知るのはとても重要です。

 

どのような人が応募しているのか、知る方法はないか?

職務経歴書

日本人応募者のプロフィールをお見せします

日系人材会社よりリリースされたリストより一部抜粋します。

 

新卒 女性 20代

タイ語:上級、英語:ビジネス、職種:営業、希望給与:55000B

特記事項:日タイハーフでタイ語ネイティブ

現住所:日本

 

WEBマーケ、男性、30代

タイ語:ビジネス、英語:ビジネス、職種:WEB関連、希望給与:65000B

特記事項:現職の勤務経験5年、タイ駐在経験あり

現住所:バンコク

 

飲食店スタッフ、男性、20代

タイ語:無し、英語:ビジネス、職種:物流、貿易、希望給与:70000B

特記事項:飲食店スタッフ、輸入卸売業に1年、海外大学卒業

現住所:バンコク

 

金型設計、男性、30代

タイ語:無し、英語:無し、職種:金型設計、希望給与:150000B

特記事項:金型設計業務を13年

現住所:日本

 

生産管理、男性、30代

タイ語:日常会話、英語:ビジネス、職種:生産管理、品質管理、希望給与:80000B

特記事項:製造業には生産管理、品質管理、購買など従事、タイ勤務経験あり

現住所:日本

 

法人営業、男性、30代

タイ語:無し、英語:ビジネス、職種:法人営業、希望給与:70000B

特記事項:不動産業、IT関連で法人営業経験

現住所:日本

 

SE 技術営業、男性、20代 

タイ語:無し、英語:日常会話、職種:エンジニア、希望給与:60000B

特記事項:CADなどソフトウェア系の技術営業として在職中

現住所:タイ

 

建築設計、施工管理、男性、50代

タイ語:日常会話、英語:日常会話、職種:設計、希望給与:120000B

特記事項:設計、施工管理として20年以上の経験

現住所:タイ

 

営業、翻訳、女性、20代

タイ語:日常会話、英語:準ビジネス、職種:法人営業、営業サポート、希望給与:60000B

特記事項:営業、受発注管理、納期調整業務、翻訳業務

現住所:タイ

 

ツアーコーディネーター、男性、30代

タイ語:ビジネス、英語:日常会話、職種:法人営業、ツアーコーディネーター、希望給与:70000B

特記事項:観光業にてツアーコーディネーター、法人営業経験

現住所:タイ

 

他にもありますが、10名ほど抜粋しました。

プロフィールからわかること

社会人未経験、第2新卒~50代まで幅広い

全体で20名以上のリストからの抜粋ですが、年齢、職務経験などに偏りなく、非常に幅広いですね。

個人的な感覚では、15万バーツの月給は相当な高給ですが、これは求職側の希望条件ですので、書くのは自由、ということです。

コールセンターなどの一部、BOI(タイ投資委員会)指定業務を除けば、日本人など外国人の最低賃金は5万バーツですから、日本の非正規よりは良い生活ができますし、将来へのスキルアップに繋がるチャンスもあります。

 

超ハイスペックだけ、ということではない

 

タイでの職務経験や現在タイ在住の応募者は多いですが、それだけ、タイでの生活を希望している、という証でしょう。

一方で、各種資格やTOEICスコアの超高得点者は見当たらず、タイ就職市場が決して難関ではないことを示してもいます。

 

 

タイ企業に入るための具体的アクションは?

レジュメ

まずは、転職エージェントに登録しましょう

日本に居ながらで登録できますから、まずはコンタクトすることですね。

 

 

タイ以外も検討したいなら、こちらがおすすめです

採用までタイに来る必要はほとんどありません

 

最近では、WEB面接で採用まで決まるところも多いですから、内定前からタイに来て就職活動する必要は全くありません。

日本での現在の仕事から給料をもらいながら、活動するのがおすすめです。

 

英語はTOEIC  を受けよう⇒スコア書いている人が少ない

 

応募者リストを見て感じたのが、英語力のひとつの指標であるTOEICスコアが書かれていない人がほとんど、ということです。

ここから読み取れるのは、あまり英語が得意な人がいない、ということです。

TOEIC800点以上=ビジネス英語レベル、というのが一般的な認識ですが、そこまでのスコアレベルでない応募者が多いのでしょう。

TOEIC、英語学習は誰でも、努力すれば必ず上達しますから、絶対にやった方がお得です。

定評あるアプリを無料体験してみましょう

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

 

かつ、どうせ海外就職するのであれば、高い英語力が求められ、使用する会社に就職するのが、その後のキャリアアップに絶大に有益となります。

 

別にタイに来てからは、英語学校に行く必要がなく、毎日の仕事時間が全て英語の実践トレーニングのような職場もあります。

 

以上、今回の記事が少しでもお役にたって、タイで新たなキャリアを見付けていただければ嬉しく思います!

読者の方でタイの就職が決まったら、ぜひ、僕にメッセージくださいね!

 

-タイ, タイ転職, 転職
-, ,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5