タイ タイ移住 バンコク移住 タイ転職 海外移住 転職

【タイ移住】職務経験無しでも就職はできるのか?【仕事】

2020年7月12日

タイ

新型コロナで日本では求人が激減しているし、日本には将来性も感じないなあ

以前旅行して気に入っているタイで就職して生活できないかなあ

気をつけるポイントは? タイに住んでいる人に聞きたいです

40歳の時にタイ移住してセミリタイアしたのですが、現在、日系企業で現地採用として働きつつ、パラレルワークで、フィリピンの不動産売却サポートや、不動産などの投資も行っている僕が、解説しますね。

くりさん

タイ移住は、仕事経験無しの日本人でも現地採用で可能です

タイの在留邦人は15年にわたり、増え続けているので、日本人向けのサービスには安定した需要があります

過去15年にわたり、在留日本人が右肩上がりです。

僕自身、タイの他、マカオ(1年半、バンコク、日本含め、3拠点生活でした)とフィリピン(1年半)でも生活していましたが、日本料理店や日本人向け不動産業者など、日本人向けのサービス会社、お店において、タイ、バンコクは圧倒しています。

したがいまして、日本人にとって非常に住みやすい環境となっており、これが、ますます、多くの日本人がタイに来る好循環となっています。

この傾向が突如なくなることはないでしょう。

 

現地採用の場合、給料は駐在員より安いが、生活は出来ます

 

現地採用の給料は、基本、5万バーツ(外国人の最低賃金)なのですが、コールセンターなど一部の業種では、さらに低い3万バーツ(10万円強)の所もあります。

給料は安くても、生活コストも低いので、十分に生活できますよ。

タイの人の給料水準

10万円、というと、日本の感覚では、生活無理ゲーなのですが、タイ人大卒の初任給が2万バーツ~というところで、大学出ていない単純ワ―カ―ですと、いつまでたっても3万バーツはもらえません。

3万バーツでは、正直、ラクではないですが、食事の大部分を安いタイ料理にすれば、なんとかなりますし、5万バーツならば、自分でも生活できますね。

月給3万バーツのコールセンターでも、住居付き、という会社が見付かることも多いです。
こういう所ならば、全然生活できちゃいますね。

 

月給3万バーツでのひと月あたり生活費シミュレーション

食費 10000バーツ
1日あたり300バーツ(タイ料理なら、1食100バーツで十分ですが、たまに
日本食屋さんで300バーツ程度の食事をしても、この位で収まります。
ちなみに僕のランチは50バーツ以内ですが、十分美味しいです)

インターネット 600バーツ
光回線で動画、ゲームも問題無し

携帯、モバイル通信 500バーツ

交通費 500バーツ
タクシー乗っても、初乗り35バーツ(120円程度)で激安です

水道光熱費 700バーツ
エアコンの使用度合いで変わりますが、昼間、出勤するなら、この程度

日本のテレビ 1000バーツ
インターネットで1ヵ月前までオンデマンドで見れるサービスが便利です

娯楽費  10000バーツ
週末、バンコク近郊に旅行にいったり、居酒屋やバーでの飲み代もここに
含めます。

予備費  6700バーツ
娯楽費を1万バーツ使っても、まだ残ります。
化粧品とか消耗品に充てられますね。

 

なお、僕の場合、会社以外の時間の大部分をブログ執筆と読書に充てていますので、家賃以外の生活費は、月あたり、15000バーツくらいです(家賃は17000バーツで、プール、ジム、サウナ付きのコンドですので、自宅でブログなど作業するのも快適です)。

 

タイはとにかく、タイ料理が安くて美味しいので(辛く無い料理も沢山あります)、お金掛けなくても、ひもじい思いはしないですね。

 

これが、フィリピンだとこうはいかなくて、ローカルフードが美味しくないし、油っぽかったり、砂糖使い過ぎだったりするので、結果として日本食の頻度が高くなり、お金がかかります。

 

注意点:居ごこちが良すぎで、ラクな方に流されがちなこと

 

結果として、ずっと、スキルも給料も上がらないまま、とならないように要注意です。

タイは非常に暮らしやすいところで、かつ、日本人が現地採用で入るところも、けっこう居心地が良くて、なんとなく、居付いてしまう日本人はかなり多いのです。

 

特にコールセンターなどの単純系業務に多いのですが、仕事内容は、ひたすら、日本人相手のカスタマーサポートだけ、みたいな状態が続くと、いつまで経ってもスキルも給料も上がりません。

あまりにこれが長くなると、いずれは、他の人に仕事を奪われる結果となりますし、そこから日本に戻ろうと思っても、履歴書に書けるキャリアではないので、苦しむことになります。

 

正直、日本的な会社文化の延長、みたいなタイの会社は多いですが、このあたりは、あまり群れないで、会社以外の時間は、スキルアップに使うのをおすすめします。
(毎週土日、郊外に旅行し続けたことがありましたが、飽きました、、、)

 

タイで仕事するなら、スキルアップ向上を最優先に

オフィス

IT,WEB関連、プログラミング、金融など、専門スキルを習得しましょう

誰でもできるコールセンターなどの業務では、ずっと給料はわかりませんし、将来不安が増すだけですが、

  • IT、ウェブ関連、プログラミング
  • 金融

 

といった専門知識、スキルが向上する仕事を選ぶのがポイントですし、職場でも積極的にこうした分野に取り組んでいきましょう。
(現実問題として、あまりやる気ない日本人が大半なので、会社からは重宝がられます)

語学は必ず習得しましょう(英語)タイ語だけだと、逆にチャンス狭まる可能性も

 

タイだからタイ語も出来た方がいいのですが、タイに住んでいて意外と多いのが、

 

タイ語できるけど、英語は殆ど不可

 

というケースです。

 

こうなると、あまりにニッチすぎて、

 

タイの日系企業で現地採用枠で働く

 

という以外のキャリア形成は難しいです。

 

もし、英語も出来れば、経験を積むことにより、グローバル担当となったり、駐在員扱いとなり大幅な昇給に繋がるチャンスなのですが、非常にもったいないと思うことが多々あります。

日本よりは英語を使う場面は、はるかに多いので(例 欧米人が集うアイリッシュパブに行けば、ネイティブとタダで雑談出来たり)、ビジネスの観点では英語力アップがコスパ良い方法です。

 

その結果として、

 

希少性ある人材

IT ×英語×日本語

 

という風に希少性、かつ、成長性もある人材になれます。

閉そく感ある日本から、少しでも多くの人がタイなど海外で仕事を得て、活躍することを祈っています!

 

海外留学経験者のための転職エージェント

ハイクラスの転職サービスなら、
キャリアカーバー

リクナビNEXT

-タイ, タイ移住 バンコク移住, タイ転職, 海外移住, 転職
-, ,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5