サラリーマン

働きたくないなら、最低2週間、休みましょう

2020年7月9日

リゾートで休暇

もう疲れた、働きたくない    会社行きたくない

でも、行かないとダメだから、ずっと悩んでいる

私は一体、どうすればいいの? 

 

くりさん
 本記事では、働きたくないならば、どうすればいいのか?

18年のサラリーマン生活の中で、無数に働きたくないと思ってきた筆者が見てきた事柄を交え、解説します。

 

働きたくないなら、最低2週間は休み、何も生産的な行動はしない

リゾート

最低2週間、会社を休むか、休めないなら、思い切って辞めてしまうのもありですが、余程の事なければ休めるはずです。

有給使うなり、夏冬休暇なり、リフレッシュ休暇の枠を使えばいいですね。

あるいは、うつ病みたいに感じるならば、精神科に行って診断を受けるのもおすすめです。

診断書もらって、会社に提出すればいいです。

 

(余談)

かつての僕を含め、殆どの人が勝手にイメージしている事が、

 

会社は休めない

 

ということですが、これは間違いです。

 

例えば、有給休暇についても、中小企業では未だに未取得な所がありますが、これはブラックというか違法状態です。

堂々と会社に権利主張すべきで、これを聞き入れない会社など、辞めた方がいいですし、労基署に通報するのもありです。

 

 

 

僕はタイとフィリピンで働いた経験ありますが、労働者は、ちょっとした事あると、割とすぐに労働局に駆け込みます。

これがあるので、日系企業の駐在員は不当労働行為にはかなり気をつけていまして、良い緊張関係に繋がっていますが、一方で、日本の感覚のまま、パワハラ行為をしたら、現地スタッフにSNSで実名投稿されて炎上、結果、現地でビジネスできなくなった、というケースもあります。

労働者側も、泣き寝入りする必要はない、という良い事例と思います。

 

なお、今までは、海外旅行とか有意義な活動に使っていたかもしれませんが、今回は絶対だめです。

働きたくないのですから、メールチェックなど論外ですし、会社を思い出すような資料などの情報にも触れず、同僚など会社関係の人とも一切連絡を断ち、過ごしてみてください。

できれば、外出もしないで引きこもる方がいいですね。

食糧はネットで購入すればいいです。

朝、起きる必要もないので、昼過ぎまで寝て、朝方まで、ストロング缶でも飲みながら、テレビとかYou Tubeとかゲームとか、何も生産しない事をやって、無益に過ごしましょう。

朝のコーヒーの代わりに、ストロングチューハイ、もアリですね。

こうして、2週間、無益な日々を過ごしていたら、確実にうつみたいになりますよ。

 

本当に働きたくない、わけではない

困った

 

実は殆どの人は、働きたくない、のではなくて、

 

会社の上司がイヤ

アタマ下げるのいや

自分には難易度高すぎる

簡単過ぎて退屈

 

みたいな感情からの逃避なだけ、なのです。

(ただし、例外もあります。重いうつ病になってしまった人は、本格的な治療が必要です、人生には克服できない事もあります。)

 

働きたくないから働かない→うつ、みたいになります

穴に落ちる

フィリピンで見た光景

1年半、マニラとセブ拠点の不動産会社で働いていたのですが、現地にはタンバイと言われる、ニート男性が大量にいますが、幸せに暮らしているとは思えないです。

ニートの面では日本よりもはるかに先を行ってます。

貧困層の家には、必ずひとりは居る感じです。

薬物中毒になったり、家族に無心したり、しまいには事件を起こす。

目が完全に死んでます。

 

日本でも同じようなものですね。

元気はつらつ、いきいき ニートって、聞いたことないですね。

逆に親に危害加えたり、部屋から何年も出てこなくて廃人状態の場合もある。

生産的な行動を一切しない生活って、確実に精神が病むのです。

 

やることあるのが、一番幸せ

 

僕は昨シーズンから、北海道で除雪作業を始めました。

大型特殊車輛の免許持つ経験者が高齢化で減少していると聞き、不動産経営をしている知人のアシスタント的なかたちで始めたのです。

そこで見たのが知人のお父さんで、81歳の、失礼な言い方すれば、もう、おじいちゃんです。

でも、4トンダンプを運転したり、雪かきをやったり、とにかく行動が凄いのです。

何か動いてないと、気が変になっちゃうからね、と言いながら、常に動いています。

そして、夕飯食べたら、あー、今日も疲れたー、と、バタンキューで寝てしまう。

僕は、こういう80歳になりたいなー、と思いましたね。

やることあるって、最高に幸せなことなんです。

この事を理解するためには、2週間、何も生産的なことしないで、グータラ過ごすのが必要な訳です。

働かない生活の中で見えてくる事がある

2週間の連続休暇を取って、部屋にひきこもる中で、見えてくること

おそろしく暇ですから、色々考えますよ。

そんな中で、働きたくない、というのは、それ自体が目的ではなく、

 

上司が嫌

営業がイヤ

そもそも、だれともかかわりたくない

給料安過ぎ

 

などなど、原因がなんとなくでもみえてくる筈です。

これを2週間の中で、じっくり、自分と向き合っていくことですね。

 

そして、何となくでも見えてきたら、

上司がイヤ→部署変われないか会社に掛け合うか、転職する

営業がイヤ→何かスキルを身につけて転職する

そもそも、だれともかかわりたくない

→引きこもりでも出来る仕事を探す

給料安過ぎ→明らかにスキルに見合わない低給ならば、秒速で転職する

ただし、スキルがないなら、それは、妥当な給料なので、スキルを上げるしかありません。

 

みたいに、意外と方向性が出てくるものですし、意外とあるのは、

2週間、無益生活していたら、働きたくなった

というオチもあったりするものです。

 

以上、今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

リクナビNEXT

良い枕を手に入れて、安眠しましょう

 

 

-サラリーマン
-

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5