ビジネス全般 竹花貴騎

【竹花貴騎氏から着想】いずれ、経歴詐称、合成、ねつ造のSNSアカウントは消えていく

2020年11月11日

まぐまぐ

 

竹花貴騎さんの一件は個人的にはどうでも良かったのですが、あまりに面白過ぎますし(海外育ちと自称していたのが、東村山のヤンキーサークル パラリラ(派羅輪羅)の代表だったというのは、もうツボに入ってしまってます、、、爆。深夜の暴走行為などで地元に迷惑かけたから、1億円寄付したのかもしれないですね!)。

一方で、真面目な気づきをいただいている部分もあるので、記事にさせていただいているのですが、今回、お伝えしたいのは、

これから、さらに経歴詐称、合成、ねつ造アカウントは増えるが、いずれは消えていく

という予想です。

 

短期的予想⇒パラリラ竹花貴騎さんの信者などが、経歴詐称、合成・ねつ造アカウントを粗製乱造する

精神異常者

未だに、パラリラ竹花貴騎さんのスクール、MUP生の中には、信者さんがいるようです。

信者さんの中には、

教えている内容に価値があれば、経歴詐称なんて、ただの背伸び、だ

みたいな考えを持っている人もいるので、このような人は、第2、第3のパラリラさんになっていくでしょうね。

つまり、これから、さらに、

元GAFA

学生時代は南米とヨーロッパで過ごし

10カ国にグループ会社を保有

こういった自称、セレブ? 有能経営者アカウントが粗製乱造されるのが短期的トレンドになると予想しています。

だって、

ねつ造がばれたら、”背伸びしちゃいました”で済ませばいい

と確信した人たちが沢山いるからです。

下手したら、オンラインサロンのプログラム内で、

合法的に経歴詐称する方法(ばれた時の逃げ方)

みたいな教材があるかもしれませんね、、、

 

 

 

中長期的予想⇒多くの人が嫌気がさして、経歴詐称、合成・ねつ造アカウントは自然消滅していく

ただし、そんなアカウントが増えるのも、あくまで短期的な動き、トレンドで終わると予想しています。

理由は個人的な経験から、です。

 

 

ツイッタ―で経歴詐称、合成・ねつ造アカウントとつながったのですが、、、

今年6月、10年ぶりにツイッタ―活動を再開して、けっこう驚いたのが、以下のようなアカウントがやたらと目立つことでした。

GAFA 社員

国公立理系

慶大生(中退)

日東駒専

大手企業の内定を蹴り、マーケターになった大学生

 

などなど、正直、意味不明です。

 

なんとなく、こんなイメージはできますが、、

 

国公立理系

→旧7帝大など国立には入れなかったけど、県立大学などには合格出来たのかな?
(東北大理学部なら、国立、とだけ書けばいいですからね)

慶大生社長(中退)

→ネットビジネスで稼いで、慶應卒業なんかよりも美味しいから、中退したぜ! 的なキャラ設定

※Fラン大学以下の人達には、かなり刺さるプロフィールになります。
慶應に入れなかったけど、それよりも良い仕事のノウハウが手に入る、と信じ、この人物のオンラインサロンや塾等に入ろうと思うから、です。

ただし、本物の慶應の学生(塾生)が、

”慶大生”

と自称はしないと思いますがね、、、

 

日東駒専(だけど月収50万円超Webコンサル)

→正直、就職難のご時世で、日東駒専を出てもしんどいなあ、と感じている学生に刺さる。

 

大手企業の内定を蹴り、マーケターになった大学生

→どこの大学かも明らかにしないで、大手の内定って、どこやねん!

また、マーケターと軽々しく使っているけど、それこそ、アップル社やジョンソン アンドジョンソン社などのマーケティング部門で働いている方からみたら、目くそ鼻くそ以下だぞ、君(チミ)は!

単に、学校名さえ出せない学生で就活にもひっかからなかっただけちゃうのー?

 

このように、正直に言って、僕には全く響きもしなければ、逆に怪しい以外に何もない匿名アカウントが大量に氾濫するようになったなあ、というのが、10年ぶりにツイッタ―の世界に戻ってきて感じた事なのです。

(たしかに、10年前も怪しいアカウントはありました。でも、10年前は、世界中を旅する、とか、ネオヒルズとか、キラキラ系がメインだったのが、最近では、Fランから這い上がった、みたいなキャラが多いですね)

 

フォロワ―数目当てで、”クソアカウント”とつながっていたら、デメリットだらけに

すみません。

経歴詐称、合成・ねつ造、だと長いので、クソアカウント、と短縮させていただきますが、僕自身のフォロワ―を増やしたい、とのスケベ心で、クソアカウントからフォローされたらフォローバックとかしていたのですが、こんなデメリットが目立つようになってきました。

 

フォローしてきて、フォローバックしないとすぐにフォロー解除するアカウントだらけとなるのですが、自分の投稿内容に問題があったのかな?といったノイズになってしまう

⇒誰だって、フォロー解除されたら悲しいものです。

でも、クソアカウントは、そもそも、僕達の投稿なんて、まともに読んでいません。フォローバックだけが要求事項なのです。

そのようなクソアカウント様のノイズに、自分の投稿がブレてしまうのは、とてもマイナスです。

 

クソアカウントの周りにはクソアカウントが集うのですが(類は友を呼ぶ)、僕と同じような心境の人は実際のところかなり多く、そのような人が近づいてくれない

これは普遍なことで、怪しい人とつながっている人と付き合いたくない、あるいは、怪しい人とつながっている人⇒その人も怪しい人だ、と思うのは自然です。

 

自分のツイッタ―のタイムラインに、クソ情報が氾濫する

”相互フォロー企画”とか、しょうもない投稿で氾濫してくるのですが、そこに群がるのが、まさにクソだらけでして、前澤さんにたかる人とか、そんなのばっかり、なのですね。

例え、オフラインでも、このようなアカウントに日々、囲まれていたら、自分もクソになってしまいます。

 

 

 

経歴詐称、合成・ねつ造アカウントと縁を切るメリット

前向き

ということで、9月あたりでしたが、そのようなアカウントのフォローを全て解除したのですが、確かに、フォロワ―は一時減ったものの、下記のようなメリットを実感しています。

 

投稿内容がぶれにくくなった

クソアカウントがフォロー解除をする理由はシンプルで、

投稿内容は関係なく、自分のタイムラインで見た時にフォローバックされていなければ切る

これだけ、なのです。

それでも、どうしても、解除に振り回されるのは人間の自然な姿。

ということで、クソアカウント様にあらかじめ解除いただいて、つながりをなくしておけば、良い投稿したのに解除される、ということはなくなります。

 

明らかに、良い人、アカウントからフォローしてもらえるようになった

フォロワ―が多いアカウント=良いアカウント、では決してありません。

自分にとって必要な情報だけを集めている人は多いもので、そのような方が増えてくれる方が大歓迎なのです。

見方を変えれば、フォロワ―一覧から、クソアカウントが一層されれば、非常に良質なフォロワ―さん、ということになりますね。

 

 

まとめ:結局のところ、地道に自分のスキルやビジネスを育てていくことが一番です

そして、やるなら、成果が出たり、収入が生まれるのに時間がかかる仕事、ビジネスの方が良いです。

なぜなら、多くの人が収入発生する前に挫折するから、です。

(追伸)

それから、まぐまぐ、さんを通じてメルマガを配信させていただいているのですが、僕自身、これまでは、ペンネーム“ショー”として配信していたのを、本名の栗原将、として、やらせていただくことにしました。

メルマガを配信開始した2012年時点では、未だ会社員でしたので、ペンネームにしたのですが、今は本名出しして何も問題がないのと、逆に、これからの時代は本名、顔出しが重要になる、ということを自ら実践する意味合いもございます。

メルマガは無料ですので、購読いただければと思います!

 

-ビジネス全般, 竹花貴騎
-,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5