ビジネス全般 竹花貴騎

竹花貴騎さん炎上で考えたこと【嘘は空気、のサイコパス】【迷惑ユーチューバー】

2020年11月1日

 

ビジネスインフルエンサーとして、自称27歳で資産100億円超え、と華々しくアピールしていた竹花貴騎さんが、実情をネット民により暴露され、さらにインフルエンサーのイケハヤさんや田端さんなどからも批判投稿があった事により、大炎上となりました。

この件自体は、僕にとってどうでも良いことなのですが、少し話しを拡張して、迷惑ユーチューバーの件などまで、色々と考えさせられたことがありますので、記事にさせていただきました。

 

 

経歴詐称に始まり、何もかも嘘をついても、引退しないで済ませられる時代になった

未来図

間違いでした、で済ませちゃうインフルエンサー

ネット民調べによりますと、Google出身と自称し、六本木ヒルズの本社で面接を受けた、と言っていたのが、外でもないGoogle社から竹花さんが社員であった事実はないとの書面が送られた、との事。

さらに最近、田端さんなどが噛み付いたら、竹花さんは、

 

社員でなく、業務委託でした

 

と訂正、騙す意図はなかったように強調しています。

現在でも大炎上していますが、竹花さんは活動継続するようですね。

竹花さんに関わる事実関係には僕は言及はしませんが、他の人でツイッターなどで明らかに嘘だろう、と感じるプロフィールを多々見かけますが、今後、嘘がバレても、間違いは訂正、で終了させ、活動継続する人が増えると予想しています。

加えて、テレビタレントの場合、容赦ない芸能記者との会見に応じないといけないのですが、ネットのインフルエンサ―で多いパターンは、何か不祥事等があったら、自分のYouTube チャンネルでお詫び番組を作って、そこで釈明する、というものです。

大体のパターンが、自分に都合のよい説明だけして、

 

”もう、説明尽くしましたし、僕は前しか見てませんから、もう、同じ質問は受け付けません”

 

みたいに、終わり、にしてしまう、のです。

 

これでは、完全にやり得で、それなら、俺も、私も、という風潮がますます広がる社会になってくる、という予想です。

 

 

ショーンKさんとの3つの違い

一方、数年前、ハーバード大卒業、などの華々しい経歴が詐称だった事がバレたショーンKさんは、ニュース番組はじめ、全ての番組を降板、表舞台から消えていきました。

なんで、ここまで違いがあるのか?

理由は3つで、

ひとつ目は、

 

テレビ番組にはスポンサーが付いており、経歴詐称出演者がいると、スポンサーのイメージが下がるので、テレビ局が使わなくなる

 

CMキャラクターの高額なギャラが話題になることがありますが、理由のひとつが、スポンサー側からの様々な要求に応じなければいけないから、です。

 

CM契約が高額なワケ

単にCM撮影に拘束されるだけではなく、例えば、あるビール会社のCM契約が続いている間は、競合他社がスポンサーの番組には出づらくなったり(他社のビール飲むシーンがある番組は完全にNGです)、極端な話しをすれば、プライベートタイムにレストランで他社のビールを飲むのも控えなければいけない(万が一、一般人に写真でも撮られたらまずいです)、など、制約が非常に大きくなるので、その対価として、高額なギャラが発生しているのです。

家族団らんのCMに出てくるお父さん役の俳優が、浮気スキャンダル、というのもまずいので、浮気もできない、ということになります(笑)。

ていうか、今では、浮気バレしたら、CMだけではなく、全ての仕事がなくなりますがね、、、

 

ふたつ目は、

 

既存のテレビや新聞は、色々言われてはいるものの、信頼性をウリにしているから

 

です。

うちの媒体は信頼性がありますよ、と訴える事で高額な広告料を請求できる訳です。

一方、竹花さんの場合、ツイッターなどのSNSは変わらず投稿しているようですし、YouTube についても、迷惑系動画の投稿が今でも認められている事から判断すると、まだまだ、動画は残りそうです。
(将来的には、YouTube の信頼性が激落ちして、広告出稿を控える広告主が多発、みたいになる可能性はありますね)。

 

3つ目は、

オンラインサロンは自己経営、自己メディアなので、自分で全て決められる

さらに、自身のオンラインサロンに至っては、完全な自社メディアですから、外部圧力はなく、本人さえ平気なら余裕で継続できます。

むしろ、最近のネット界隈では、いわゆる

炎上マーケティング

を仕掛ける人が増えていますので、下手をすると、わざと経歴詐称する、みたいな人が出てくる可能性だって考えられます。

 

 

若手インフルエンサーの中には、実質、竹花擁護派も
→ やったもの勝ちの模倣者が大量生産されてくる

質問

イケハヤさんや田端さんは問題提起しましたが、他方、他の若手インフルエンサーの中には、

間違いは正せば問題ないです

というコメントを出している人もいます。

これに影響を受けたフォロワー達の中には、

 

経歴詐称でも年商詐称でも、やったもん勝ち、バレたら間違いでした、で済ませればいいじゃん

こう考えて行動する人が多数出てくると予想しています。

既にツイッター界隈では、一体、実在する人間なのかわからないアカウントが大量にありますが、今後、さらに増えてくるでしょう。

 

経歴詐称でも、年商詐称でも、目立てば勝ち

→もしバレても、洗脳済みのフォロワーが沢山
いるから、大した問題ではない

こう考える、インフルエンサー予備軍が大量に出てくるでしょうね。

 

 

嘘を付くのに罪悪感も反省もない、サイコパスとの向き合い方に注意しましょう

stress

以下、竹花さんとは直接関係ないのですが、今回の一件で思い出したのが、

 

サイコパス、根っからの嘘つきは、空気を吸うように嘘を付き、嘘を指摘されても、何の罪悪感も持たない

 

という事です。

普通の人が、サイコパスや根っからの嘘つきを理解しようとしても、全く無意味です。

なぜなら、僕らは、嘘をついたら、まずはそれ自体に罪悪感がありますし、さらに、バレたらどうしよう、という不安感に苛まれるものですが、彼らには全くそれがないのですから。

僕自身、これまで、何人かのサイコパスと接した経験がありますが、彼らは、本当に平気で嘘を付きます。

僕が慶應義塾大卒だと知っているのに、自分も慶應です、と言ってきましたからね。

そこで、ある日、僕から、ホントかどうか確かめようかなと、

 

日吉のランチは、とん三田、虎ひげ、どっち派ですか?(平成2年から6年あたりの慶應大生なら、誰でも答えられる質問です)

 

と聞いたら、要領得なかったので、その時点で嘘確定だったのですが、、

いずれにしても、サイコパスとか、嘘つき、との評判の人と分かり会える、良心が通じる、と期待しない事です。

仮に出会った時には魅力的に見える場合でも、その人の過去の経歴、長年の友人がいるかどうか(サイコパスの場合、長年の親友がいない事が多いです)は必ずチェックするべき、です。

必ず、どこか、おかしな点があるものです。

ただし、あまりに平然と、空気を吸うように嘘をつくので、大多数の普通の人は信じてしまうのです。

 

長く活動するには、やはり信用第一だし、結局、一番、得をするもの

solutions

先ほど、経歴詐称などが今後、どんどん出てくる、という予想をさせていただきましたが、とはいえ、そのような輩がビジネス界を支配するとは思っていません。

大体、このような輩は、ほんの2〜3年くらいで表舞台から消えていくものです。

ですから、結局は、正直にビジネスを続けていき、5年、10年と活動実績を積み上げていく方が、長期的には間違いなく、多くの支持を集められ
ますし、幸せな毎日になるのは間違いない。

この原則が変わることはないでしょうし、決して変わらないで欲しいものですね。

-ビジネス全般, 竹花貴騎
-, ,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5