転売物販

タイ製品輸入物販の送料、関税などをまとめました【収支計算表付き】

THAILAND

タイ製品を日本のメルカリやアマゾンに輸入して売りたいと思っていますが、送料や関税などのコストを知りたいです。

僕自身、タイ製品の日本への輸入販売を行っていますので、その経験をシェアしますね。

くりさん

 

タイから日本への発送⇒20kgまでなら、EMSがおすすめ、です

トラベル

新規でやるなら、EMSがおすすめ

すでに、DHLやFedExなど、民間デリバリー会社のアカウントを持っている方は別ですが、これから、という場合、EMSが安くておすすめ、です。

僕自身も使っています。

 

ただし、EMSは、アマゾンFBAへの直送不可なので、fedexやDHL など民間を使用することになりますね。

EMSタイから日本への送料

最大サイズの箱で送る想定です。

 

箱の寸法:55cm×45cm×40cm(郵便局支給のもの、です)
最大重量:20キロまで
Tシャツ(1枚180グラム)なら、70枚ほど入ります。

送料:4770バーツ(日本円で、約16695円、1バーツ 3.5 円換算)。

Tシャツ1枚あたりの、タイ⇒日本への航空貨物EMS送料

250円ほど

 

となりますね。

段ボール箱

タイの郵便局でもらえる最大サイズのボックス。これに20KGまで入れられます

 

所要日数

2020年9月実績で、東京まで約10日間です。

インターネットで追跡できますが、2020年8月のEMS再開後、かなりスムーズになっていますが、通関に日数を要していますね。

 

 

タイから日本への輸入関税

本格的な商業輸入の場合には正式な通関手続きとなりますが、EMSで日本に送る場合には、輸入申告手続きなどをすることなく、輸入者が、荷物を受け取る際に納税となります。

ですから、送付前に、明確に税率が確定はしないのですが、衣類なら、だいたい10%(CIF価格:タイでの仕入れ価格 COST、 保険料 INSURANCE 、FREIGHT 運賃、がベースと考えておけば良いでしょう)。

 

新規で、EMSで送れる程度の量であれば、まずは、個人輸入ベースになるのがほとんどだと思いますが、扱い量が増えてきた場合には、免許を持つフォワ―ダ―、物流会社に委託することになりますね。

通関業務などまとめて代行してくれます。

 

タイ輸入物販 収支シミュレーション

自分が使っているエクセルシートを貼り付けてみました。

数式ごとアップできないので、画像になってしまいますが、数式が入ったシート希望の方はコメント欄に入力いただければ、無料プレゼントさせていただきます。

メルカリ、アマゾンとも、タイで525円で買えるシャツを日本で2500円で販売する場合を想定しています。

メルカリの場合

メルカリの場合、全商品、手数料は10%で、シンプルです。

アマゾンの場合

 

アマゾンの場合には、商品カテゴリーごとに手数料率が異なるのと、FBA を使用したり、広告を出したりと、コストの可変部分がかなりあります。

 

発送関連の作業はどうする?

タイ製品

タイ製品の買い付けを経験して痛感したこと

日本とタイでは不良品の基準が異なる、ということです。

タイでは問題にならない、縫い目のホツレや、糸の残り、洗えば落ちる汚れでも、日本のネット販売ではクレーム、返品や低評価レビューにつながるので、日本で売るならば、チェックが重要になってきます。

日本に届いてから検品、返品処理していたら、コスト倒れになります。

タイのショップは良心的な所が多く、返品に応じてくれますが、仮に、日本に着いてから検品して、タイに送り返していたら、送料でコスト倒れになります。

検品、個包装の人件費が5分の一で済むタイです

実際に自社スタッフの検品⇒個別包装の様子をみたのですが、シャツ1枚あたり、5分程度はかかります。

これ、時給千円で日本でやったら、1枚あたり83円。

これがタイであれば、時給200円くらいで十分に頼めるので、1枚あたり約20円。

大きな差になります。

タイの人は、このような作業を丁寧にやってくれます。

 

ちなみに、卸業者に、こちらの基準で検品してもらえないか打診したのですが、返事はノー、でした。

そもそも、そんな厳しい基準で商売やってないので、どういう作業するのか、イメージもできない、という感じでしたね。

 

タイ バンコクの代行業者に問い合わせるのも、ありですね

以下の作業を代行してくれます。

バンコクにいくつか、このような作業を代行してくれる会社があります。

 

買い付け代行

商品リサーチ代行

さらに、ショップに出向いて、生チャットで映像を見せながら、商品を選ぶサービスも応相談、みたいです。

僕自身、日本の買い手と、この手法でリアルタイムで商品選定していますが、映像ですと、画像より質感がわかりやすいです。

かつては、日本からバイヤーが来て、ショップで商品選定していたのに、インターネットの威力はすごいですね。

 

検品

洗濯表示タグ作成

アマゾン販売するなら、きっちり日本の法律に適合させるべき、ですね

個包装

透明ビニールに包装、日本側では、ゆうパックなどの封筒に入れるだけで発送できます。

タイの仕入れ、買い付け代行

 

まとめ:バイヤーがタイに来れない、今こそチャンスです。

僕自身、ショップにいくと、コロナ前は沢山日本人バイヤーが来ていたのに、という声を聞きます。

それだけ、買い付けが減っている、ということですから、しばらくタイに来れなくても、日本で買い付けをするルートを作れば、大きなチャンスになりますね。

 

 

-転売物販
-,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5