タイ移住 バンコク移住 海外移住

タイのコンドミニアム賃貸契約書を翻訳してみました【保存版】

バンコク

いずれ、タイ移住を考えていますが、コンドミニアムの賃貸契約とか、なんとなく不安で、、、英語わからないし、、、

はじめての経験だと、誰でも不安になりますよね。今回、僕自身の賃貸契約書をまるごと、和訳して解説します。加えて、チェックポイントも解説しますので、実際の契約の際にも役に立ちますよ。

くりさん

 

タイ バンコクのコンドミニアムの賃貸契約書 和訳してみました

考える

全体でA4サイズで3ページの英文です。

タイ人同士の契約の場合には、タイ語のみになりますが、テナント(借り手)が外国人の場合には英語の場合がほとんどです。

僕自身、これまで、3箇所に住んで契約してきましたが、全て英語でした。

 

LEASE AGREEMENT

THIS LEASE AGREEMENT is made on   10 June 10 2020 by and between, Mr.              hereinafter called the "LESSEE" PASPORT NO :

COUNTRY: JAPAN and  Mr.     hereinafter called the "LESSOR "

The LESSOR is the owner of the apartment worth ○○ sqm(including balcony ), (コンドミニアムの住所           )

,wattana bangkok 10110 , hereinafter called the  "PREMISE" .

The PREMISE is furnished with attached fixtures and furniture.

The LESSOR agrees to let and the LESSEEP agrees to rent the premise the following terms and conditions.

この賃貸契約は、2020年6月10日付、○○氏(賃借人)と○○氏(賃貸人)の間で締結されるものである。

賃貸人は、このアパートメント(物件)の所有者であり、この物件には家具が備え付けられている。

賃貸人は、下記条件にて、物件を貸し出すことに同意し、賃借人は同様に借り入れることに同意する。

 

A. The LESSOR and the LESSEE  hereby agrees as follows.

(1) The terms of this agreement is 12 months commencing from 1 july 2020 and terminating on 30 june 2021.

(2) The rent shall be THB    ○○○○○      per  month, payable on the 5-10 of each month .

Every payment to be made by the LESSEE to be the LESSOR  hereunder shall be made to be the LESSOR in wire transfer to:

Account name :    Mr.

Bank               :   Siam commercial bank

Branch          :     Thonglor

Saving account no. :

(3)Upon the execution of this agreement, the Lessee had deposited with the Lessor THB ○○○○○ hereinafter referred to as  "The security deposit " .  The security deposit shall be returned to the Lessee after all payments,bills and any deduction of damages has been settled and shall not be applied for the rent of the last month.

(4)The premise is fully furnished with fixtures and furniture as list in the document attached herein are supplied with the premises and must exist upon return of the premise to the Lessor.

A 賃貸人と賃借人は下記の通り合意する

(1)賃貸契約期間は、2020年7月1日から2021年6月30日までの12ヶ月である。

 

(2)家賃は月額○○○バーツであり、毎月、5日から10日の間に支払う。

(※大家側が、入金確認しやすいように、入金日を指定してきますが、都合が悪い場合には、事前に連絡し、早めに支払で問題なしです)

毎回の支払は、下記銀行口座に送金(入金)すること。

 

(3)本契約実施にあたり、賃借人は○○○バーツ(※家賃2ヶ月分が一般的です)のセキュリティ デポジットを預ける。

このセキュリティ デポジットは、全ての支払いや修繕費の控除後に返金される。

最終月の家賃に充当はできない。

 

(4)この物件には家具と備品が添付リストの通り備え付けられている。

賃貸終了時には、当該備品も返却しなければならない。

(※日本のアパート賃貸とは異なり、家具の他、調理器具やグラス、皿なども備え付けられていることが多いです)

B.The Lessee agrees as follows:

(1) To keep all floors,floor coverings,walls,ceilings,windows,doors,furniture,domestic appliances,and all fixtures and fittings in or on the premise in the same condition but allowing for normal wear and tear caused by use during the term of this agreement.

(2) To use the premise for dwelling purposes only

(3) To pay rent punctually together with all service like;

Eletricity   : as billed by MEAP

Water    : as billed by the building management

Internet/cable  : as billed by service provider

(4) To permit the Lessor or the agent to enter upon the premise for the purpose of inspection at all reasonable times during day/light hours subject to reasonable notice and to permit during the thirty days before expiration of this agreement, the Lessor or his agent to showthe premise to prospective tenants at reasonable times,provided that prior arrangements are made with the Lessee.

 

B. 賃借人は以下に同意する

(1)室内(床、カーペット、壁、天井、窓、ドア、家具、備品類)全般について、貸し出した当時の状態を維持すること。

ただし、経年劣化は許容される。

(2)居住用としての使用のみとする(※事業用は不可)

(3)家賃に加えて、下記の料金も支払うこと

電気代 ;電気会社の請求書に応じて

水道代  :管理組合に支払う

インターネット:通信会社に支払う

(4)賃貸人や代理人が、部屋の状況確認のために、適切な時間内に物件内に立ち入ることを認める。加えて、契約終了前の30日前や、新規テナントの内覧への対応も認める。

 

(5) Not to make any alternations or additions or install any fixtures to the premise without prior consent in writing of the Lessor.

Any and all major alternations or additions made or fixtures installed by the Lessee to the premise without consent of the Lessor shall become the penalty of the Lessor.

And if the Lessee does so without such consent, he/she must, if the Lessor desires, on the request of the Lessor, restore the premise to the former conditions, and is liable to the Lessor ,for any loss or damage that may result from such alternation or addition.

All other properties brought into the premise by the Lessee and/ or his/her family shall at all time be the property of the Lessee.

(6) Not to keep with he leased premise any contraband goods.explosives,inflammable goods,acid or alkali cheical products or any stuff or materials which may be detrimental to the leased premise.

(7) Not the neither assign nor sublet the premise or any part thereof without prior written consent of the Lessor.

(8) Not to do nor permit to be done on the premise anything which may cause nuisance or interferance with the quiet enjoyment of the neighboring premise of their occupants.

 

 

(5)物件内のいかなる内装工事、家具の入れ換えや追加について、事前に賃貸人の許可を取ること。

無断で行なった場合、ペナルティの対象となる。

もし、同意無しに内装変更などを行なった場合、賃貸人の要望に応じて、原状回復する義務を負う。

賃貸人や家族が持ち込んだ備品類は、賃貸人に帰属する。

 

(6)物件内に、いかなる禁制品、爆薬類、引火製品、劇薬類を持ち込まないこと。

 

(7)転貸借には、必ず、事前の書面での同意を必要とすること。

 

(8)隣接の居住者の静かな生活を乱す行為を行なわないこと。

 

(9) To notify the Lessor  or of his representatives of any dameges or defects at the premise within seven days of the occurence of such or defect.

(10) The Lessee is bound to take as much  care of the premise leased, as a person of ordinary prudence would act within his own property, and to do ordinary maintenance and pay for minor repairs.

(11) The Lessee shall follow general rules and regulations of the condominium.

(12) That at the end or sooner terminations of the tenancy, the Lessee will return all the keys of the premise to the Lessor.

 

(9)物件内に不具合や故障が生じた場合には、7日以内に賃貸人か代理人に報告すること。

(10)賃借人は物件を大切に、注意深く使用し、(清掃などの)通常の維持管理や軽微な修繕は自身で行なうこと。

(11)賃貸人は、コンドミニアム管理組合の規約に従うこと。

(12)退去時には直ちに、物件の鍵を返却すること。

 

 

(13) In the event that the Lessee breaches or defaults in this agreement, the Lessee agrees that the entire rental and security deposit paid by the Lessee under this agreement shall forthwith be forfeited.

(14) Upon the termination of this Lease term stipulate under clause A (1) of this agreement, if the Lessee has not breached or defaulted on this agreement, and if the Lessee desires to extend the Lease term, the Lessee shall notify in writing to the Lessor with inimum 30 days prior to the expiration date in writing.

If the Lessee agrees to renew agreement, the rantal payment and service fees shall be subject to new agreement.

This agreement is made in duplicate having corresponding terms and conditions. Both parties have read, understand and agreed with the contents hereof.

Therefore, in witness whereof,executed this agreement on the date first above written.

 

(13) 契約期間の途中で解約や退居の場合、セキュリティデポジットは没収となる。

(14 ) 賃借人が契約更新を望む場合、少なくとも30日前以上前に書面で通知すること。

更新契約は新たな条件のものとなる。

 

本同意書は、双方の確認と合意の上、交わされるものである。2部にサインし、双方が保管する。

以下の通り、証人の署名も行なう。

 

 

※パスポートと同じサインをして、一部を保管します。

 

タイのコンドミニアム賃貸契約書(同意書、agreement)で注意すべきポイントは?

疑問

不安なら、その場でサインせず、一度持ち帰って、しっかり内容を確認すること

日本以外の国では、契約書や同意書の効力は大きいです。

後で、”私は英語苦手だから、確認していませんでした” は日本人にありがちですが、全く通用しません。

判らない部分があったら、自分で和訳して、明確化する位が良いですね。

 

契約期間内の退居の場合のデポジット返金については、基本没収ですが、交渉はした方がよいです

たとえば、6ヶ月以上住んだ場合には、返金してもらう、といった交渉をして、オッケーもらったら、契約書に明記しておく。

口約束は絶対にだめです。かならず、契約書に明記しましょう。

ちなみに僕の場合は、1年毎の契約更新で、2年目でしたが、家賃を約3500円下げてもらいました。

かわりに、大家さんからカウンターオファーで、途中退居の場合でもセキュリティデポジット返金はしない、との提示がありましたが、それは呑みました。

 

 

まとめ:フィリピンなど、タイ以外の国でも、賃貸契約書のパターンは似ていますので、この記事を手元に置いて、参考にしていただければと思います!

将来プラン

国により、不動産に関する法律が多少異なりますので、違いはあるものの、パターンは似ています。

法律用語の英単語がとっつきにくいですが、これは世界共通ですね。

 

 

このような英語がスラスラわかるようになると、コミュニケーションが別次元で楽しくなりますよ!

スタディサプリEnglish ビジネス英会話

英会話ならECC外語学院  まずはカウンセリング&無料体験レッスンへ!

 

 

 

-タイ移住 バンコク移住, 海外移住
-, ,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5