英語学習 TOEIC

『1日1分!TOEIC L&Rテスト炎の千本ノック』レビュー

2020年7月26日

TOEICのpart5の文法問題を中心とした対策に評価高い『1日1分!TOEIC L&Rテスト炎の千本ノック』だけど、実際使った人の感想を聞きたい。

最後のTOEIC受験が20年前で、その後は仕事で英語は使っていたのですが、久しぶりにTOEICにトライしようと思い、手にのったのが『1日1分!TOEIC L&Rテスト炎の千本ノック』でした。

とても使いやすいのでおすすめですが、詳細なレビュー、それに効果的な学習方法を含めて解説しますね。

くりさん

『1日1分!TOEIC L&Rテスト炎の千本ノック』おすすめする4つの理由

千本ノック

最新のTOEIC出題傾向(ビジネス英語)に沿った内容

 

 

メールなどビジネス文書で良く見かける表現が使われているので、そのまま暗唱することにより、英文法以外の対策にもなります。

(特にM &A  関連の用語は良く出てきますが、特有の表現があるので、この本で覚えてしまうのがおすすめです)。

筆者の中村先生自身、TOEICを受け続けているので、出題傾向を熟知しているのが、良くわかります(僕が20年前に受けた内容とは大きく違っていて、最初びっくりしました。)。

実際のビジネスで使われる英語をマスターすれば、TOEICスコアもアップする

ということを認識できます。

 

例文を丸暗記が最強

単語も熟語も単独で無理やり覚えるよりも、この本の例文ごと暗記するのが、イメージもつかめるので一番おすすめです。

英語が苦手な人ほど、むりやり単語だけを覚えようとして、挫折するのですが、これは当たり前で、単語やフレーズは文脈の中で覚えていくのが最も自然で、早道でもあります。

千本ノック

Kindle版がとても便利です

 

スマホにダウンロードすればいいので、荷物にならず、どこでも勉強できます。

マーカーも塗れるし、やり直しも出来るのは、紙にはないメリットです。

千本ノック

 



 

音声学習も出来る

全ての問題文をダウンロードできますので、スマホに入れておけば、どこでもリスニングのトレーニングができます。

僕は毎日、ジムのバイクをこいでいるとき、シャドーイングしていますが、もうすぐ2カ月ですが、英文法力はかなり上達できたと感じています。

TOEIC対策として、問題の解き方、意識の仕方の解説が丁寧

選択肢に似た形の単語が並んでいるので、品詞問題かもしれないと考えます。品詞問題の場合、空欄前後が重要になります。

このような解説が随所にあり、TOEICスコアアップを目的とする読者に親切です。

(実際の試験では、クイズのように、一瞬で解答できるものは秒速で処理すべきだからです)

 

『1日1分!TOEIC L&Rテスト炎の千本ノック』効果的な学習方法

WORK

まずは、問題を解く

1章28問ありますので、1問あたり20秒で、28問通して解きます。

時間制限の中で解くことが重要です。

 

答え合わせする

正解で終了、ではなく、ちゃんと意識して正答を選んだのか、言えるようにならないといけません。

⇒ここがポイント:論理的に正答を導けることが重要なので、ここがあやふやな場合には、解説文を熟読しましょう。

ちなみに、僕の正答率は、約8割でした。

 

不明点を明確にして、マーカーを塗る

解答部分以外の表現、単語、文法で不明点をチェック、マーカーする。

Kindle版でも、簡単にマークしたり、消したりできて、とても便利です。

千本ノック

マーカーで自由に色塗りできて便利です

ここまでであれば、1章あたり1日として、1週間もあれば終わるのですが、

大事なのは、次からの暗唱、繰り返しです。

 

音声を何度も聴く(最重要)

音声をダウンロードして、通勤電車などすきま時間をフル活用して、何度も聴きます。

千本ノック音声

シャドーイングがスムーズにできるまで、繰り返す

僕の暗唱までの目安

音読20回、黙読10回、リスニング 20回、シャドーイング 20回

 

問題文によって繰り返す回数は違ってきますが、ざっと、20回は聴き込むのが必要でしょうね。

僕の場合は、

2周したら、だいたい暗唱できるようなった

という感じです。

Kindle +スマホ、でさらに便利に

スマホ1台(僕はアンドロイド携帯です)ですと、音声聴きながらテキストを見ることが難しいのですが、Kindle +スマホ の両方を使えるのであれば、学習スピードはさらにアップしますね。

 

この本のデメリット、不足点:スペース上、文法解説が少ない

考える

解答、解説を読んでも理解が腑に落ちない部分は、英文法の参考書に戻って、確実な知識を付けるのがポイントです。

千本ノックがそこそこ、こなせるレベルであれば、一から、英文法の参考書を学習するまでもないですが、僕もそうですが、必ず、抜けている知識はあるものです。

おすすめ参考書:総合英語 Evergreen

そういった部分をEvergreen で補いましょう。


 

長文にも触れて、総合力アップしましょう

千本ノックだけでは、長文を読む機会がないので、何でも良いのですが、あなたが一番、興味持てる素材を選んで、毎日、多読しましょう。

ちなみに、現在、昨年までフィリピン、今はバンコクに住んでいる僕は毎日、下記のニュースサイトから興味ある記事を読んでいます。

分からない単語が出てきたら、Google検索で調べています。

20年前は重たい辞書が必要だったのと比べると、今は、本当にラクに英語学習できるようになりましたね!

TOEIC対策の仕上げは、公式問題集

TEXT

これも、千本ノックと同様、一度解いて終わり、ではなく、出てくる英文を暗唱するまで繰り返し音読、リスニング、シャドーイング、ですね。

 



 

毎日の積み重ねにより、必ずTOEICスコアはアップしますし、自分自身、英文に触れていても、成長に気付く時が必ず来て、モチベーションがあがりますので、頑張りましょう!

-英語学習 TOEIC
-,

© 2021 Kurisan Blog Powered by AFFINGER5